イメージ画像

最新情報

2014年12月11日頭皮の健康と皮脂量
頭皮の間違ったケア
2014年11月26日頭皮
頭皮の皮脂を減らすために
2014年7月4日M型脱毛症
唾をオデコに塗る
2014年6月30日頭皮マッサージ
アイロンマッサージで頭部をリフレッシュする
2014年6月23日頭皮
獣臭がする街

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

毛根がある毛穴の中の皮脂を取り除く

M型脱毛症の原因は様々です。髪の毛には成長のサイクルがありますが、
その中で、様々な原因がからみあってサイクルに異常をきたし、
予定外の抜け毛が起こり、M型脱毛症など、髪の毛の異常が起こる、というわけです。
 
M型脱毛症の予防には、毛根がある毛穴の中の皮脂を取り除くことで、
頭皮の清潔を心がけることが大事です。
髪に優しいシャンプーを使用して、毛穴の中の皮脂を取り除き、
同時に頭皮のマッサージを行うことなどが有効です。
 
シャンプーは、石鹸系、石油系、高級アルコール系、アミノ酸系などがあり、
この中では、頭皮にやさしいアミノ酸系のシャンプーが脱毛予防に向いています。
脱毛予防のためのスカルプケアシャンプーは効果的ですが、乾燥肌の人には不向きです。
最近は育毛シャンプーも色々とあり、いくつか試して自分に合ったものを探すのも良いでしょう。
 
皮脂は頭皮の健康を保つのにある程度必要なものなので、
シャンプーする際、必要以上に皮脂を取り除きすぎるのはよくありません。
髪と頭皮をよく濡らし、泡立てたシャンプーで、爪を立てず、指の腹でやさしくマッサージします。
何分か置いて毛穴の中の汚れが浮き上がってきたあと、すすぎをきちんと行います。
 
自分に合ったシャンプーを選び、正しくシャンプーを行うこと。
これが、毛根がある毛穴の中の皮脂を取り除くのに大切なことなのです。

タグ

2012年11月28日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:毛穴の中の皮脂

頭皮改善で抜け毛・薄毛対策

薄毛や抜け毛の原因の多くが、頭皮トラブルです。
 
頭皮トラブルには、毛穴に皮脂や汚れがつまることで、
毛穴が呼吸出来なくなる状態が続き、毛根まで栄養が届かなくなること、
洗浄力の強いシャンプーで頭皮に必要な皮脂まで落としてしまうことで、
フケやかゆみ、炎症を起こしてしまうことなど他にも多くのトラブルがあります。
 
他にも、薄毛や抜け毛の原因になっているのは、不規則な生活習慣や、ストレス、
高カロリーで高脂質な食事の摂取などもあります。
 
まず、頭皮を改善するには、頭皮環境を清潔な状態に戻してあげることが大切です。
 
頭皮の余分な皮脂を落とし、頭皮マッサージで血行促進、シャンプー後は
頭皮が乾燥しやすいので、頭皮化粧水や頭皮用オイルでしっかり保湿をすることで
頭皮環境はある程度改善されます。
 
ですが、不規則な生活習慣や偏食なども同時に改善していかないと、
改善の効果は表れにくいので、出来ることから少しずつ改善していきましょう。

タグ

2012年12月2日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:頭皮

頭皮の皮脂が引き起こすトラブル

頭皮の皮脂は、フケ、かゆみ、ニオイ、ひどい場合は
炎症を起こす原因にもなるので、汚くて邪魔な存在。
 
ですが、皮脂の量が多くても少なくてもトラブルは発生してしまうんですよ。
 
皮脂の量が多いと頭皮にニキビが出来たり、毛穴が詰まるので、
毛穴が呼吸出来なくなるだけでなく、髪に必要な栄養が届かなくなるので、
髪が栄養失調になってしまいます。
 
これが、薄毛や抜け毛の原因になるので、ヘアサイクルも乱れます。
 
かといって、皮脂の量が少ないと、頭皮が乾燥してかゆみ、湿疹を起こしたり、
髪が細くなって抜け毛が多くなる原因にもなります。
 
薄毛や抜け毛対策のための育毛剤には、頭皮の皮脂を取り除く効果もあるので、
皮脂が少ない方が良いと思っている人もいますが、少なすぎてもトラブルが
起きるので、頭皮には適度な皮脂は必要なんですよ。
 
頭皮に必要な皮脂を取り除くことで、頭皮の修復機能が危険を感じて、
皮脂を過剰に分泌することもあります。
 
トラブルを起こさない為にも、適度な皮脂を保ちましょう。
 

タグ

2012年11月26日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:頭皮

頭皮の間違ったケア

頭皮の皮脂が多くて困っている方、間違った頭皮ケアをしていませんか?
間違った頭皮ケアとして一番の盲点が、朝シャン。
朝起きた時にシャワーをして頭を洗うのを習慣にしている人がいます。
 
朝シャン好きな人にはかわいそうな話ですが、これは頭皮に取ってとても良くないことです。
一日の汚れが朝まで頭皮についたままだからです。
 
汚れが詰まった状態が長くなりますと、皮脂が分泌しやすくなります。
結果べたついた状態がいつまでも治らないのです。
やはり髪の毛を洗うのは、一日の汚れがたまっている夜がベストです。
 
そうすることで、新陳代謝が行われるように促すことができ、皮脂の過剰分泌を防ぐことができます。
家に帰ったらできるだけ早く頭を洗うことをオススメします。
 
汚れが詰まっている時間をできるだけ短くしてあげるのです。
 
この事実を無視している人がたくさんいます。
自分は脂体質だから仕方ないと・・・・。
しかし、実は頭を洗うタイミングだけの問題かもしれません。

タグ

2014年12月11日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:頭皮の健康と皮脂量

頭皮の皮脂を減らすために

基本的に、頭皮の皮脂の量は、体内の中性脂肪の量に左右されてきます。
体内の脂肪が多ければ、皮脂として頭皮から分泌する量も多くなります。
 
逆に脂肪が少なければ、頭皮の皮脂も少なくなるのです。
一度試してみると良いのですが、脂分の多い、揚げ物、肉、ケーキ、チョコレートなどを頻繁に食べてみると、頭皮がべたつくようになってしまうでしょう。
 
自分は頻繁に脂分やお菓子を食べないという方でも、実は皮脂を多くしてしまうような事があります。
それはインスタント、コンビニに頼った食生活です。
 
偏った食生活が、実は頭皮にも影響をあたえるのです。
特にコンビニ、インスタント食品は食品添加物がたくさん入っています。
こうした化学物質は私達の体に、大きな影響を与えます。
頭皮の皮脂を大量に分泌させるという害も報告されているようです。
 
ですから、皮脂の分泌を抑えるためには、まずは食生活からはじめなければなりません。
食品添加物は、抜け毛の原因ともなります。
 
自炊をして、野菜などを中心とした食生活を送るようにしてみてください。
頭皮にも変化が表れるはずです。

タグ

2014年11月26日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:頭皮 頭皮の健康と皮脂量

唾をオデコに塗る

そんな馬鹿な!っと思いました。私も何ら確証を持たずにやり始めました。ちょっと額の禿げあがりが気になりまして、自分の唾液を塗っているのです。ご存じだと思いますが唾液にはシアル酸と言って肌細胞を増殖させる成分が含まれているそうです。ドイツでは牛に禿げ頭を舐めさせれば毛が生えてくるなんて言いますからね。シアル酸は知覚神経に刺激を与えることによって細胞分裂増殖因子であるIGF-1を分泌させるので、髪の毛もその作用で育毛アsレルと言うのですね。

でも自分の唾液を額に塗っているのは滑稽と言うか汚いと言うか、生理的に受け付けない方もいる事でしょう。でもはっきりと言います。ツバメの唾液なら食べられるでしょ。それもかなりの大金を払ってでもありがたく頂ける。ですがその効果が自分の唾液と大差ないとしたらどうでしょうか?ただなのです。しかもs自分の唾液なのですから安心ではないかしらね。私はチョコチョコ塗って見ています。これで実際に発毛するのなら凄い事ですよね。そうなれば育毛剤などに頼らなくても済むことになるのです。まあ1月ぐらいは続けてみます。それまでに飽きてしまわない様にだけ気を付けていきましょう。そして何らかの変化が見られればまた報告しましょう。

タグ

2014年7月4日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:M型脱毛症

このページの先頭へ