イメージ画像

最新情報

2015年2月15日シャンプー
頭皮が脂っぽいと思ったらまずは・・・・
2015年1月18日シャンプー
正しい髪の洗い方
2014年12月28日頭皮
頭皮にやさしい石鹸
2014年12月11日頭皮の健康と皮脂量
頭皮の間違ったケア
2014年11月26日頭皮
頭皮の皮脂を減らすために

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

毛根がある毛穴の中の皮脂を取り除く

M型脱毛症の原因は様々です。髪の毛には成長のサイクルがありますが、
その中で、様々な原因がからみあってサイクルに異常をきたし、
予定外の抜け毛が起こり、M型脱毛症など、髪の毛の異常が起こる、というわけです。
 
M型脱毛症の予防には、毛根がある毛穴の中の皮脂を取り除くことで、
頭皮の清潔を心がけることが大事です。
髪に優しいシャンプーを使用して、毛穴の中の皮脂を取り除き、
同時に頭皮のマッサージを行うことなどが有効です。
 
シャンプーは、石鹸系、石油系、高級アルコール系、アミノ酸系などがあり、
この中では、頭皮にやさしいアミノ酸系のシャンプーが脱毛予防に向いています。
脱毛予防のためのスカルプケアシャンプーは効果的ですが、乾燥肌の人には不向きです。
最近は育毛シャンプーも色々とあり、いくつか試して自分に合ったものを探すのも良いでしょう。
 
皮脂は頭皮の健康を保つのにある程度必要なものなので、
シャンプーする際、必要以上に皮脂を取り除きすぎるのはよくありません。
髪と頭皮をよく濡らし、泡立てたシャンプーで、爪を立てず、指の腹でやさしくマッサージします。
何分か置いて毛穴の中の汚れが浮き上がってきたあと、すすぎをきちんと行います。
 
自分に合ったシャンプーを選び、正しくシャンプーを行うこと。
これが、毛根がある毛穴の中の皮脂を取り除くのに大切なことなのです。

タグ

2012年11月28日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:毛穴の中の皮脂

頭皮改善で抜け毛・薄毛対策

薄毛や抜け毛の原因の多くが、頭皮トラブルです。
 
頭皮トラブルには、毛穴に皮脂や汚れがつまることで、
毛穴が呼吸出来なくなる状態が続き、毛根まで栄養が届かなくなること、
洗浄力の強いシャンプーで頭皮に必要な皮脂まで落としてしまうことで、
フケやかゆみ、炎症を起こしてしまうことなど他にも多くのトラブルがあります。
 
他にも、薄毛や抜け毛の原因になっているのは、不規則な生活習慣や、ストレス、
高カロリーで高脂質な食事の摂取などもあります。
 
まず、頭皮を改善するには、頭皮環境を清潔な状態に戻してあげることが大切です。
 
頭皮の余分な皮脂を落とし、頭皮マッサージで血行促進、シャンプー後は
頭皮が乾燥しやすいので、頭皮化粧水や頭皮用オイルでしっかり保湿をすることで
頭皮環境はある程度改善されます。
 
ですが、不規則な生活習慣や偏食なども同時に改善していかないと、
改善の効果は表れにくいので、出来ることから少しずつ改善していきましょう。

タグ

2012年12月2日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:頭皮

頭皮の皮脂が引き起こすトラブル

頭皮の皮脂は、フケ、かゆみ、ニオイ、ひどい場合は
炎症を起こす原因にもなるので、汚くて邪魔な存在。
 
ですが、皮脂の量が多くても少なくてもトラブルは発生してしまうんですよ。
 
皮脂の量が多いと頭皮にニキビが出来たり、毛穴が詰まるので、
毛穴が呼吸出来なくなるだけでなく、髪に必要な栄養が届かなくなるので、
髪が栄養失調になってしまいます。
 
これが、薄毛や抜け毛の原因になるので、ヘアサイクルも乱れます。
 
かといって、皮脂の量が少ないと、頭皮が乾燥してかゆみ、湿疹を起こしたり、
髪が細くなって抜け毛が多くなる原因にもなります。
 
薄毛や抜け毛対策のための育毛剤には、頭皮の皮脂を取り除く効果もあるので、
皮脂が少ない方が良いと思っている人もいますが、少なすぎてもトラブルが
起きるので、頭皮には適度な皮脂は必要なんですよ。
 
頭皮に必要な皮脂を取り除くことで、頭皮の修復機能が危険を感じて、
皮脂を過剰に分泌することもあります。
 
トラブルを起こさない為にも、適度な皮脂を保ちましょう。
 

タグ

2012年11月26日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:頭皮

頭皮が脂っぽいと思ったらまずは・・・・

脂肪肝を治すためには、まずは肝臓のことを思いやることの出来る人にならなければなりません。
肝臓の負担を軽くするということです。
 
肝臓の負担を軽くするためには、体脂肪を減らすということが効果があります。
体脂肪を燃焼して使用するのです。
 
体脂肪を燃焼しない方法ってあるのでしょうか。
実はあります。
 
体内の体脂肪が減りすぎると、エネルギー源を見つけ出そうとして体は肝臓のグリコーゲンを糖に変えてエネルギーにするという事を行い出します。
あるいは、肝臓が他のタンパク質などを無理やり分解して糖分を作り出して、エネルギー源にするということがあるのです。
 
これは、肝臓にかなりの負担をかけることです。
この現象は、実はダイエットなどをしている人に起こりやすかったりします。
 
ですから、無理なダイエットは、脂肪肝を悪化させるだけなのです。
適量を食べながら、運動を中心としたダイエットを行うほうが良いでしょう。
 
こんな風に、肝臓の負担を軽くすることを意識しないと、脂肪肝はいつになっても解消されません。
しかし、小さな努力を積み重ねていけば、いつかは脂肪肝が解消されるでしょう。

タグ

2015年2月15日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:シャンプー

正しい髪の洗い方

頭皮のケアといえば、髪の毛をしっかり洗い、汚れを貯めないようにすることが大切です。
お金をかけて、頭皮のケアをしなくても大丈夫!
 
頭を洗う時に、正しい方法で洗うようにしましょう。
 
間違った方法で洗うと、頭皮を傷めてしまいます。
一番多いミスは、シャンプーの洗い残しです。
 
シャンプーをたっぷりつけて洗い、あとでシャワーですすがないで終わってしまうということが多くあります。
洗い流したと勘違いしてしまうのです。
 
洗い残しがあると、頭皮の毛穴の中にシャンプーが入り込んでしまいます。
そして、皮脂やその他の汚れと一緒に詰まってしまいます。
 
そうなると、頭皮はさらに皮脂を過剰に分泌しようとして、結果的に脂量が非常に多くなり、抜け毛を増やしてしまうのです。
 
それで、シャンプーはしっかり洗い流すようにしましょう。
また、シャンプーをする前にしっかりお湯だけで汚れを落とすようにしましょう。
 
そうすることでシャンプー前に汚れをしっかり落とすことが出来ます。
汚れを落としてから、シャンプーすることで、毛穴の中に汚れがたまらないようにすることができるのです。
 

タグ

2015年1月18日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:シャンプー 毛穴の中の皮脂 頭皮の健康と皮脂量

頭皮にやさしい石鹸

頭皮が乾燥しやすく痒くなるというようですと、シャンプーが原因であるかもしれません。
シャンプーには界面活性剤が含まれているからです。
頭皮を痛め、乾燥させたり、逆に脂っぽくさせたりします。
 
頭皮が傷んでいるようでしたら、一度シャンプーの使用をやめて、石鹸に変えてみるのが良いかもしれません。
洗髪にも使用できる石鹸というのがよくあります。
 
こちらには、大抵界面活性剤が含まれていません。
それなのに、洗浄力が抜群に良いのです。
 
また、肌に優しく頭皮を痛めてしまうこともありません。
 
石鹸で洗髪するのには、デメリットも有ります。
石鹸で髪を洗いにくいという点です。
泡立ちにくいので、上手く髪になじまないため時間がかかります。
 
これが面倒だと感じて挫折してしまう人も多いようです。
ただ、石鹸で洗うと確実に頭皮の調子が良くなります。
痒みが止まることに加えて、薄毛防止にもなるようです。
 
できれば無添加石鹸を見つけて、根気強く試してみてください。

タグ

2014年12月28日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:頭皮

このページの先頭へ